プロポーションづくりのダイアナ 企業情報サイト「美し区」

image image

社員紹介
company member

国際事業部 プロポーションギャラリー北京 プロポーションカウンセラー 佐藤さん

入社のきっかけ

以前は撮影のメイクアップや衣装など、その方を“美しく飾る”ことが仕事でした。
ダイアナは“飾る”のではなく、その方そのものを美しくして差し上げる事が出来るお仕事です。
ずっと女性の「美」に関する仕事をしてきましたが、ダイアナを知り、私の「美」の概念が変わりました。同時に、本物の「美」についてもっと追求したいと思い、ダイアナに入社しました。

現在の仕事の内容とやりがい

image

国際事業部の仕事とは、一言で言えば「ダイアナブランドを海外に展開していくこと」です。現在は北京のプロポーションギャラリーのチーフプロポーションカウンセラーとして働いています。ダイアナを誰も知らない土地で、いかにダイアナを伝えていくか。どこに向けて、どんな方法で伝えればよいのか、ダイアナを知っていただくためにどんなことをすればよいのか、常に可能性を模索し、形にしていく事が現在の私の仕事です。
1年後、2年後、3年後、ダイアナがこの中国という途方もなく広い国で、じわじわと広まっていく事を想像しながら、今はとにかく出来る事は全てトライし、少しの可能性でも最大限に大きく育てて行けるよう、思考錯誤しながら前進しています。 知名度も何も無いゼロの状態から、ダイアナを好きになって頂くまでのプロセスを作りだすことに非常にやりがいを感じています。

海外転勤が決まった時

入社以来ずっと、本社で働いてきました。海外転勤が決まった時は本当に驚きでした。正直、中国語は何一つ話せないし、第一海外に住んだこともない。そんな私が海外で働いていけるのか、不安でいっぱいでした。
最初、中国に来た当初は、とまどうばかりでした。やはり言葉が伝わらない。ダイアナの商品の知識はたくさんあるのに、どうやって伝えていいのか分からない。そんな思いで、辛い日々もありました。でも実際にお客様と接していく中で、言葉は関係ないということに気付きました。言葉よりも大切なのは熱意。伝えたいと思うその気持ち。それが大事なのだと感じました。現地には日本人のスタッフももちろんいますし、現地のスタッフともコミュニケーションがとれ、今ではとても楽しく働いています。

今後の抱負

image

ダイアナを世界に広めていく。
北京に来てから、今まで経験した事が無い業務がぶっつけ本番のような状態で毎日どんどんやってきます。しかし、その一つひとつが、自身のスキルアップに繋がっていると思うのです。その経験を着実に積み上げていき、国際事業部としてダイアナをもっと世界に発信していく、それが私の目標です。
そして、海外で働いていく上で、現地のスタッフとのコミュニケーションをとても大切に考えています。お互いを思いやり、感謝の気持ちを忘れずに、いつも皆が皆を助けたいと思う心が自然と持てるようなチームを育てたいと思っています。
謝謝!

TOP
https://dekorde.com

советник мартингейл