プロポーションづくりのダイアナ 企業情報サイト「美し区」

image image

社会貢献

2015.08.03

震災・原発事故後の南相馬市 除染後裸足で遊ぶ園児も、土いじりはプランターで

4回目の花を使った被災地支援活動

すべての女性に健康的な美しさをお届けするプロポーションづくりの株式会社ダイアナ(東京都渋谷区、代表取締役社長:徳田充孝、以下ダイアナ)は、2015年7月23日(木)、花を通じた社会貢献活動「ダイアナ フラワージェンヌプロジェクト」の一環として福島県南相馬市よつば保育園にて4回目となる植苗イベントを実施しました。

 

150729_01

 

■あれから四年、「あたり前」はまだだけど
今にも雨が降り出しそうな空模様でも園児約80人は元気いっぱい裸足で園庭に出て、マリーゴールド、サルビア、ベコニア、メランポジュームなどの花の苗をプランターに植えました。親御さんや保育園にとって、プランターに新しい土を入れてするこの植苗は、線量を気にする必要がない安心した“土いじり”です。手を泥まみれにしながら園児たちは「お花、きれい!」と生き生きとした笑顔で花の苗を植えていました。 最後に、サマーショートボランティアでお手伝いとして参加してくれた高校生も含め全員で植えた花を囲んで記念撮影を行い、植苗活動は終了いたしました。

 

近藤能之副園長は、「線量はチェックし安全を確保しながらも、子ども達を伸び伸びと保育していきたいと思っている。しかし、震災後はインドアの遊びが増え、川遊びや土いじりなど自然と触れ合う遊びはなかなかできず、今でもあたり前がまだあたり前ではない状況です」と話していました。

 

震災から4年、まだ多くの問題を抱える地域ではありますが、ダイアナはこの「フラワージェンヌプロジェクト」を通して、子ども達を笑顔にする被災地支援活動を今度も継続的に行ってまいります。

 

■ダイアナ フラワージェンヌ プロジェクトについて
ダイアナ フラワージェンヌ プロジェクトとは、“花の力”で日本中を元気にすることを目指して2010年から開始した社会貢献活動です。活動開始から6年、植苗本数は累計30,000本にのぼります。
2012年からは、被災地支援活動を兼ね、福島県南相馬市のよつば保育園で植苗活動を実施しています。除染のため土を剥ぎ取り、草木の伐採・遊具等の除去を余儀なくされた同保育園に、NPO法人フロンティア南相馬の協力を得ながら、園児と共に花を植える活動を毎年行っております。
(ダイアナ フラワージェンヌ プロジェクト特設サイト: http://flower.diana.co.jp/ )

 

■よつば保育園について
よつば保育園は、2011年3月に発生した福島第一原発事故に伴い緊急時避難準備区域に指定、同年9月末の指定解除後は除染を繰り返し、10月から保育を再開しました。園児数は一時約30人にまで減少しましたが、近藤能之副園長を中心とした積極的な活動と多くの支援によって数々の苦難を乗り越えてきました。
4年経った現在は、地域の子どもも増え、15人程の待機児童を抱え、保育士不足という新たな問題も抱えております。
※本リリース内容について、よつば保育園への直接の問い合わせはお控えください。

 

150729_02

 

 

 


■ダイアナについて
1986年の創業以来30年、「女性美の原点はプロポーションの美しさにある」という理念のもと、プロポーションづくりの総合コンサルティング企業として全国約750サロンを展開し、87万人以上※のコンサルティングを実施。健やかなプロポーションづくりによる美の満足をすべての女性に提供する女性美のトータルソリューションカンパニー。ダイアジェンヌブラジャー(フルカップ)は、「1デザインのサイズ展開が世界最多の69サイズ」として2011年ギネス・ワールド・レコーズに認定。

 

会社名: 株式会社ダイアナ
代表取締役社長: 徳田充孝
本社: 東京都渋谷区富ヶ谷
カスタマーセンター(ご相談窓口): TEL
公式ホームページ: http://double-up-dollars.info

TOP
Автополив газонов

https://buysteroids.in.ua

www.cleansale.kiev.ua/ozelenenie